全国学校園庭ビオトープコンクール2015『発表と交流大会』、タイトル
全国学校園庭ビオトープコンクール2015 のトップページへ こども環境管理士公式サイト 公式サイト への入口 ビオトープ管理士資格試験 公式サイト への入口 日本生態系協会 公式サイト への入口
 
 
 

開催のご報告
全国学校・園庭ビオトープコンクール2015 発表と交流大会

2016年1月31日(日) 13:00〜16:00 東京大学 伊藤謝恩ホール(東京都文京区)

 今回で9回目(18年目)を迎えた「全国学校・園庭ビオトープコンクール」。学校・園庭ビオトープを活用する全国の学校・園から、自薦と他薦をあわせて160校のノミネートがあり、書類審査と補足調査を経て、各賞が決定し、1月31日に「発表と交流大会」を開催しました。

 第1部では、秋篠宮殿下並びに眞子内親王殿下にご臨席いただきました。開会式では秋篠宮殿下におことばを賜り、上位5賞を受賞した学校・園の表彰式や取り組みの発表をご覧いただきました。
 来賓として、義家文科副大臣、鬼木環境大臣政務官、津島国土交通大臣政務官、グラープヘアドイツ連邦共和国臨時代理大使にご挨拶をいただきました。

 第2部では日本生態系協会賞を受賞した学校・園や、ビオトープを実践・支援する団体や企業によるポスター発表が行われました。また、このポスター発表は、開会に先立ち、秋篠宮殿下並びに眞子内親王殿下が御覧になり、発表者に励ましのおことばをいただきました。

 本大会は学校・園庭ビオトープの実践者や関心のあるたくさんの方々、約440名にご参加いただき、“活動のヒント”や“人とのつながり”を見つける場となりました。

 

 当日の配布資料

コンクール2015プログラムの画像  受賞校・園 一覧  自然ってなに?の画像 

プログラム/上位5賞の取り組み紹介      受賞結果       「自然」ってなに? 
 

  取り組み発表の様子

  コンクール2015動画

   動画をご覧いただけます

 
 
 

第1部

開会

開会のあいさつ (公財)日本生態系協会 会長 池谷 奉文

写真 日本生態系協会 会長 池谷奉文

  

秋篠宮殿下のおことば

お写真 秋篠宮殿下おことば 秋篠宮殿下おことば 

                          おことば全文

  

秋篠宮殿下 並びに 眞子内親王殿下

お写真 秋篠宮殿下 並びに 佳子内親王殿下

  

来賓のご挨拶

写真 文部科学副大臣 義家 弘介 氏

文部科学副大臣 義家 弘介 氏
 

環境大臣政務官 鬼木 誠氏

環境大臣政務官 鬼木 誠 氏
 

写真 国土交通大臣政務官 津島 淳氏

国土交通大臣政務官 津島 淳 氏
 

写真 
ドイツ連邦共和国 臨時代理大使 シュテファン・グラープヘア 氏

ドイツ連邦共和国 臨時代理大使 シュテファン・グラープヘア 氏

もくじに戻る▲

表彰式

写真 表彰式 写真 表彰式2
 

上位5賞の取り組みの発表


文部科学大臣賞 学校法人雪見ヶ丘学園 井上幼稚園(愛知県)

写真 発表のようす 井上幼稚園 その1 写真 発表のようす 井上幼稚園 その2

環境大臣賞 豊田市立 五ケ丘東小学校(愛知県)

写真 発表のようす 五ケ丘東小学校 その1 写真 発表のようす 五ケ丘東小学校 その2

国土交通大臣賞 学校法人 東京内野学園 東京ゆりかご幼稚園(東京都)

写真 発表のようす 東京ゆりかご幼稚園 その1 写真 発表のようす 東京ゆりかご幼稚園 その2

ドイツ大使館賞 学校法人奈良学園 奈良学園中学校・高等学校(奈良県)

写真 発表のようす 奈良学園中学校・高等学校 その1 写真 発表のようす 奈良学園中学校・高等学校 その2

日本生態系協会会長賞 琉球大学博物館(風樹館)(沖縄県)

写真 発表のようす 琉球大学博物館(風樹館) その1 写真 発表のようす 琉球大学博物館(風樹館) その2
 

もくじに戻る▲

全体講評

写真 佐島群巳

東京学芸大学名誉教授・帝京短期大学名誉教授 佐島 群巳 氏
 


写真 三島次郎氏

桜美林大学 名誉教授  三島次郎 氏
 

第2部

ポスター発表

写真 ポスター展示のようす その1 写真 ポスター展示のようす その2
写真 ポスター展示のようす その3 写真 ポスター展示のようす その4

写真 ポスター展示のようす その1

開会に先立ち、秋篠宮殿下並びに眞子内親王殿下にポスターを御覧いただきました。

祝賀懇親会

写真 祝賀懇親会のようす

もくじに戻る▲

 
全国学校・園庭ビオトープコンクール2015『発表と交流大会』

主催

 (公財)日本生態系協会

後援

 文部科学省、環境省、国土交通省、農林水産省、厚生労働省、ドイツ連邦共和国大使館、
 全国国公立幼稚園・こども園長会、全日本私立幼稚園連合会、(社福)全国社会福祉協議会全国保育協議会、
 (社福)日本保育協会、(公社)全国私立保育園連盟、NPO法人全国認定こども園協会、
 全国小中学校環境教育研究会、(公社)日本ナショナル・トラスト協会、日本ビオトープ管理士会

協賛

 (株)アボック社、自然の会(有志出版社)、(一財)土屋環境教育振興財団

もくじに戻る▲

 

前回(2013/第8回)のようすは、下のものをご覧いただけます。

自然の保育力の活かし方 のダウンロード

“自然の保育力”の活かし方

コンクール2013のモデル事例をもとに、特に園庭ビオトープに注目しポイントをまとめました。(PDF/A4判見開き二ツ折り/A3-裏表)

 
自然の教育力、保育力を活かす のダウンロードページへの入口

自然の教育力・保育力を活かす

コンクール2013の報告書です。まずダウンロード用のページが開き、1冊丸ごと、または目次ごとに分割してダウンロードできます。(報告書本体は、PDF/A4/冊子/32ページ)

 
コンクール2013 発表会のもよう への入口

発表会のもよう

多くの人で賑わったコンクール2013での『発表会』のもようを、簡単にまとめました。 

コンクール2013 ステージでの発表のようす 動画集 への入口

ステージでの発表のようす

コンクール2013『発表会』での、上位5賞によるステージ発表のようすです。

  

もくじに戻る▲

東京学芸大学名誉教授、帝京短期大学名誉教授 佐島先生お写真  

学校・園庭ビオトープ設置の意義
全国学校・園庭ビオトープコンクール2013 全体講評

東京学芸大学名誉教授
帝京短期大学名誉教授
佐島 群巳 氏

 学校・園庭ビオトープを設置することの意義について、3つのことを申し上げたいと思います。

 1つ目は、学校・園庭ビオトープは、子どもたちの身近にある自然だということです。全国的に、子どもの自然との触れ合いの減少が危惧される中で、まずは身近に自然を確保することが重要です。そうした場があることで、普段の生活の中で子どもたちはさまざまな生きものと出会い、生きものが身近にいることの大切さを学びます。また、自然の美しさや神秘さと出会う機会が増え、感性を豊かにすることができます。さらに、自分の興味関心にあった対象を見つけることができ、主体的なさまざまな活動を喚起することになります。

 2つ目は、学校・園庭ビオトープは、『人間力』を育む場になることです。子どもたちに実践を通じて自信を与え、連携協働から人間関係能力を育み、思うようにならないことから忍耐力を身に付けさせます。こうした人間力の形成は、現代社会において大いに求められることであり、今後はこうした教育的価値がさらに着目され、学校・園庭ビオトープの活動のねらいに明確に位置づけられると良いと考えます。

 3つ目は、学校・園庭ビオトープは地域づくりの拠点になることです。本コンクールにおいて、参加した素晴らしい実践の多くに、保護者や地域の方々などとの連携協働が見られました。学校・園庭ビオトープを中心に、子どもたちのため、生きもののためにと、地域がひとつにまとまり、自然との共存を目指す新しい地域社会が形成されていました。自治会においても地域の活性化の一環として位置づけている事例もありました。とても素晴らしいことだと思います。こうした活用が全国各地に広がることを期待します。

 このように、学校・園庭ビオトープはたくさんの教育・保育力、そして地域を活性化させる力を有しています。今後も、この人間形成の源になる学校・園庭ビオトープがより一層活かされることを願い、私の講評といたします。

『自然の教育力・保育力を活かす─全国学校・園庭ビオトープコンクール─2013より』より、
 「発表会」当日になされた全体講評を抜粋 

学校ビオトープを支える方々の絵 

こんなにすごい!学校ビオトープ・園庭ビオトープ

 学校・園庭ビオトープでは、子どもたちは日常的に自然と触れ合うことができます。そのため、子どもたちの感性がより豊かに育まれます。

 自然は思い通りになるばかりではありません。考えることで問題解決型の学習が促され、子どもたちの生きる力はますます鍛えられます。

 そうしたことから、学校・園庭ビオトープはESD(持続可能な開発のための教育)の場として注目されるなど、その活用がますます広がっています。

 それに留まらず、保護者や地域住民との絆が深まり“まち”全体がいっそう元気になるなど、学校・園庭ビオトープには多くの効果が認められています。

BIOは「生きもの」で、TOPは「場所」の意味。
 BIOTOP「ビオトープ」は、地域本来の野生の生きものたちが生活する場所のことです。 

もくじに戻る▲

 

お問い合わせ

 (公財)日本生態系協会 全国学校・園庭ビオトープコンクール係

 〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20 音羽ビル
 tel. 03-5951-0244 fax. 03-5951-2974  月-金 9:00〜18:00 土 9:00〜15:00

もくじに戻る▲

Copyright(C)2015 Ecosystem Conservation Society-Japan All Rights Reserved